So-net無料ブログ作成

涙の理由 [成長]

先週をもって、
前期の期末試験が閉幕した。
最終には大好きな教育学概論のテストがあり、
もうこの大講義室には来られないのかと思ったら
なんだか悲しくて涙が出た。
大半の学生がとっくに提出して退室しているのをいいことに、
おばさんなのにめそめそ泣いていた。
ただ、
先生は心配そうに眺めておられ、
「こんなおばさんに追試ったってなー」的雰囲気だった。
まあ、
それも遠からじ、であるが。

たぶんそのほかにも理由がある。
先週半ばに、教員採用試験(1次)の結果が出て
見事に不合格。
ただ、同期のあの方もこの方も不合格で、
書きたいけど書けないが、
「えっ、そんなことまでして」と思うようなケースもあった。
そこまで手を尽くしても不合格。
それが悲しかった。

今年度は未曽有の震災に鑑み、
人件費を浮かせて財政確保しようとする
国の方針も当然といえば当然だ。
求人自体が少なかった。
誰がなってもいいし、
何人でもいいけど、
義務教育対象の児童生徒たちが
健やかであれと願うばかりだ。

覚悟していたとはいえ、
思いのほか気持ちが沈んだ。
こういうときは無理に浮き上がろうとせず、
沈んでいよう、と思った。

沈みつつ鱈やもも(娘)と過ごした。
浮きかかって来れたのは、
この娘の存在であると感じる。
書けないが、
いま娘は最大の試練のなかにある。
それを、
高校1年生なりに捉え、
じりじりと前に進もうとするその無言の姿が、
多くのものを私に力強く教えてくれた。

私も、
じりじりと進んで行こうと素直に思えた。
じりじりと、
日差しも照り付けているし、
蝉もしきりに鳴く夏の日である。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

ryang

こんばんは お疲れ様でした。
採用試験は残念でしたね。でも、学んだことが無駄になるわけではないし、どこかでリンクしていると思います。
私も、時々立ち止まったりうつむいたりしながらではありますが、まさにじりじりと進んでいきたいと思います。
by ryang (2011-08-01 22:25) 

にしにし

もんとれさん、ありがとう。
by にしにし (2011-08-17 15:43) 

にしにし

ryangさん、わたしはおばさん大学生ですが、真剣別科生も不合格で口惜しいかぎりです。あとになって振り返れば、あの時不合格で良かったよ、ということになるといいな、と思っています。
by にしにし (2011-08-17 15:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます